職場のネグレクト ~部下の育成放棄~ コラム|MFD研修・マネージャー研修 組織力を強化するユニゾンのコンサルティング研修

03-6457-9900

受付時間 平日9:30~17:30

お問い合わせ

03-6457-9900

お問い合わせ

職場のネグレクト ~部下の育成放棄~

親が子育てを放棄することを“ネグレクト(育児放棄)”と呼ぶそうだ。この言葉を拝借するのであれば、職場にも“ネグレクト”がある。上司の部下に対する育成放棄である。

部下に対して一切の関心を示さないなどいう上司は言語道断なれど、職場の“ネグレクト”はそんな上司ばかりが引き起こしているわけではない。部下に対する期待や想い、具体的なゴールやシナリオを示さずに仕事だけを与える。そして、あとは気がついた時に「進捗はどう?」とチェックしてみたり、「困ったことはない?」と質問をしてみたり、「こうした方が良いんじゃない?」とアドバイスしてみたりする。一見すると部下を育成しているかのように見えるが、これも立派な“ネグレクト”である。仕事という作業だけをさせて、部下には達成感や成長感、存在感といった“やりがい”を感じさせることがないからだ。これでは部下は育たない。

もちろん上司が部下の育成を放棄したからと言って、すべての部下が育たないということはない。相当数の部下は自らの意志で成長を遂げる。けれども、“ネグレクト”の上司のもとで育った部下には身につかないものがある。それは、その企業や組織への愛着と共同体意識である。ネグレクトを経験した子供は、改心して子育てを再開した両親に対して、なかなか心を開かないという。会社を去る人財の中には、職場のネグレクト経験者が少なからずいるはずである。

© UNISON Co., Ltd.

PAGETOP